総合病院に期待を寄せて

総合病院で働きたいと思っている方は、往々にして大規模な組織は刺激的なものだと感じていることでしょう。総合病院で高度な医療行為をする医療人になることを心に誓っていき、ともすれば自分の右に出る者は居ないというくらいの実力者になることを強く望むようになるのです。総合病院で高いキャリアを積むことを考えるようになる方が居ると思い、医療人としての経歴に箔を付けていこうと気持ちを奮い立たせていくのであります。

総合病院は職員の人数が多いため、活気に満ちた職場環境であることを想像している方が少なくないと感じるのです。総合病院はパワースポットのようだと思っている方が居ると考えられて、その病院で医療の仕事をすれば活力が漲っている医療人になれるのではないかと思っても不思議ではありません。総合病院には明るい展望があるとおっしゃる方がおられるのではないでしょうか。総合病院でベテラン医療人になることを夢見るようになるのが窺えて、総合病院を代表する医療のエキスパートとして働いている自分の姿を想像していくのであります。

総合病院は、急性期・回復期・維持期・介護と、病棟の内容次第では、看護師の定着率が悪い。医療人なのに介護補助を強いられると、仕事への意欲を削がれる人がいる。介護補助は立派な看護業務です。学校で教えられてはいるけれど、ミックス方の病院だと気持ちは複雑でしょう。

しかし総合病院のよいところはある。多くの先輩たちが新人を助け教育する。ブランクのある看護師の再スタートを手助けすることもある。看護師不足の折、こんなベテラン看護師の存在は病院組織においても大事な存在です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です